水を良く知って!活用して!名水特選!

トップページ
日本各地の“名水”を訪ねてみよう
北海道の“名水”はどんなところにあるのかな?
青森の“名水”をいくつかあげてみてみましょう
宮城の“名水”もこんなにあります!
見てみて!ここ岩手にも“名水”あり!
秋田の“名水”も見てみましょう
山形の“名水”もたくさんあります!
“名水”はここ福島にもありますよ!
長野にも“名水”はたくさんあります!
富士山の御膝下!山梨の“名水”はどこでしょう?
港町・神奈川にも“名水”あります!
TDLで有名な千葉にも“名水”あり!
埼玉にもあります!ここにも“名水”
もちろん群馬にも“名水”あります!
栃木の“名水”も見ていきましょう!
茨城の“名水”はどこにあるでしょう
日本の首都にはこんなにも“名水”があった!
新潟にもあります!“名水”の数々!
“名水”豊富な富山を見ていきましょう!
石川にもあります!“名水”の数々!
“名水”はココ福井にもありますよ!
岐阜の“名水”はドコにあるのでしょう?
ここ静岡にも“名水”はありますよ!
愛知にもたくさんの“名水”あります!
もちろん三重にも“名水”あります!
滋賀の“名水”を見てみましょう!
京都の“名水”も見てどすえ〜!

“名水”はココ福井にもありますよ!

サスペンスでおなじみ、東尋坊で有名な
福井の“名水”を見ていきましょう。

◆瓜割の滝(うりわりのたき)
一年を通じて、水温が変わらず、
夏でも浸けた瓜が割れるほど、冷たい水という
故事から命名されました。
水質は、カルシウムやマグネシウムを多く含み、
水量は1日、4,500トンに及びます。

◆お清水(おしょうず)
かつての城主の飯米を、炊くのに用いられたことから、
敬意を表して御清水、殿様清水と呼ばれています。
この一帯は、江戸時代、武家屋敷が立ち並び、
家中の人々が生活用水として、使っていました。
その名残もあって、今でも、地元の方々の憩いの場や
社交の場となっています。

◆鵜の瀬(うのせ)
その昔、白と黒の2羽の鵜が岩から飛び出し、
止まった木の跡から甘水が湧き出したのが
湧水のはじまりと言われています。
毎年、3月2日に行われる、お水送りの神事は、
春を呼ぶ行事として有名です。

透き通る味わい!花垣仕込み水

透き通る味わい!花垣仕込み水
価格:1,540円(税込、送料別)

水を良く知って!活用して!名水特選!

大阪の“名水”も見ていってんか〜!
ここにもあります!兵庫の“名水”
奈良にもあります!“名水”の数々!
和歌山にもありますよ!素晴らしき“名水”
“名水”はココ鳥取にもあります!
岡山にももちろん“名水”あるんです!
まだまだ“名水”あります!広島にも
こちら山口にも“名水”あります!
島根の“名水”もたくさんあります!
香川にも“名水”たくさんあります!
友近だけじゃない!愛媛にも“名水”あり!
龍馬も飲んだ?高知の“名水”はどこでしょう?
徳島の“名水”はどこにあるのでしょうか?
福岡にも“名水”たくさんあります!
実は“名水”の宝庫?佐賀にもあります!
降水量が多い長崎も“名水”揃い!
熊本にも“名水”がたくさんあります!
ココ大分にもあります!“名水”の数々!
宮崎にだってありますよ!知られざる“名水”
神秘的な“名水”は鹿児島にお任せ?
日本の南の楽園!沖縄の“名水”とは?
日本の水道水の素晴らしさについて
水とは体にどんな関係なのでしょうか?
日本の素晴らしい“名水”を守っていきましょう!

その他

リンク募集中